2017年05月30日

なが~く満足する家を建てるために

どんな家を建てたら、なが~く満足して頂けるか・・・。
自然素材を使ったいい香りの家、豪華な設備をつけた家、デザインにこだわった家、コストの安い家。
私はこの業界で、20年以上いろんな家造りをしてきました。
引っ越し直後に感想を聞くと、こだわった内装、デザイン、設備など『満足よ!』と言ってくれる人はいませんでした。
12年前に自宅を建てて、省エネ基準の家は思いのほか『暑く』『寒い』事を知り、紆余曲折。

たどり着いたのは、九州ではなく北海道省エネ基準の家造り。
OBさん宅に、冬、お邪魔すると『寒くないから楽ばい』『いろいろこだわったけど、暖かいのが一番』

『引っ越して一年半、エアコンもストーブも買わんかったけど、そろそろ買います。』

こんな喜びの言葉をいただけるようになりました。
嬉しいことに、この喜びの言葉は、毎年冬にお邪魔するたびに、いただけます。

ちなみに、私たちが手掛ける家が一般の住宅と、どれくらい違うかというと
ある冬の寒い朝
築30年くらいの家5~7℃
築15年くらいの家10~13℃
最近の省エネ基準の家13~15℃
私たちの造る家16~18℃。
このような感じです。

満足がなが~く続く家を造るために、本当の高断熱を考えてみてはいかがでしょうか。

そのためには、惑わされない基準(数値)を頭に入れておいたほうがいいと思います。基準がなければ、
建主『お宅の会社は暖かいですか?』
営業マンA『ご安心ください。高性能な断熱材をたっぷり入れてますから』
営業マンB『当社は外断熱工法です。ご安心ください。』
営業マンC『次世代省エネ基準。安心ください。』
建主『あっ。そうですか』
っていう感じで、信用するしかないわけです。

きちんとした性能を知るには
『お宅の会社のU値とC値はどのくらいですか?』こんな感じで聞いてみてください。

zeh_map.png
住み続けて暖かさを実感するには
U値=0.6以下
C値=1.0以下 これくらいの数値が最低のレベルです。

青森、岩手の省エネ基準に相当します。
U値とは、熱が逃げる量。小さいほどいい。
弊社平均 0.5

C値とは、家の隙間の量。
弊社平均 0.5

理屈っぽい話ですが、本当に大切なところです。
本当に暖かい家は、いいですよ。

暖かい家だと、家中開けっ放し。
暖かい家だと、小さなエアコンでゆっくり運転
電気代も少ない。いいことばかりですよ。
もう一度、繰り返しになりますが、あったかさを実感するには
U値=0.6以下
C値=1.0以下

最低、これくらいの家を建てる会社を選びましょう。


dannnetuseinouhikaku.png
kimituhikaku.png
dannnetukodawari.png

ギガ換気

necchuushou.png年々、暑さが厳しくなってきています。『熱中症は外で起こっているんじゃない!家の中で起こっているんだ!』何かのドラマのようなセリフですが、悲しいことに運動中の人よりも、圧倒的に家の中で熱中症になる方が多いのが現状です。

真夏、直射日光で暖められた車の中は、アタッシュボードの上で75度近く、中は60度近くなっています。
実は家も同様に屋根瓦は70度、鉄板の屋根だと90度近くなります。
その熱が伝わり屋根裏は、60度。今時の家は、雨の侵入を考慮したいろんな形で換気部材がついています。

tashakoyaurakannki.png
車だと、窓を全開にして、クーラーをつけると数分で涼しくなりますが、一般的に付けられている程度の換気部材では、屋根裏を劇的に涼しく出来るほど効果はありません。圧倒的に換気量が少ないからです。

通常の基準の3倍程度、換気させると屋根裏は5度涼しくなります。
私たちの造っている家は、屋根の形状によって変わってきますが、基準の5倍から10倍の換気を行っています。
gigakannki.png

夏にお年寄りが家の中で熱中症!こんな家を私は決して造らない。 

2017年05月13日

久留米市北野町 N様

kitanoliving.pngkitanoliving2.png
【久留米市 N様邸 41坪】LDKは18帖あります。

kitanowasitu.pngkitanoyousitu2.png

kitanokodomobeya.pngkitanosenmen.png
子ども部屋もかわいく仕上がりました。洗面所もキュートです。

2017年05月02日

永く住んでもらうために

simokano.png多くの方が大手の住宅メーカーを選ぶのは、メンテナンスがしっかりしているからだと思います。私が学生の頃、両親が近くの工務店で家を建てました。出来た家は確かに立派な柱や木材を使っていますが、アフターはほとんどゼロでした。扉がちょっと開けにくくなったり、棚板が欲しかったり、そのちょっとの相談が出来ませんでした。

私が開業の際、決意したのは

『アフターメンテナンスをしっかりする』

『木の家に住みたい。でも、アフターが心配』と不安に感じてある方。建てた後の『ちょっとしたこと』『出来たらいいな』を真剣に向き合います。

afuta-mentenansu.png

2017年05月01日

予約制おひろめ会に関するお願い

おひろめ会は入居を心待ちにしながらも、新居を開放してくださった施主様のご厚意をご理解いただき、見学者の皆様に気持ちよく見学していただけるようにいくつかのお願いがございます。


手袋・靴下の着用をお願いいたします。
会場で白い手袋をお配りしていますので、小さなお子様を含め、着用をお願いします。スリッパは床を傷つける可能性があるため、靴下のご準備をお願いしております

お子様から目を離さないようにお願いいたします。
キッズルームを準備しておりますが、お子様がお家の中を走り回ることなどないようお願いいたします。


もし、この家がご自分の家だったら・・・、そう思ってじっくりご見学ください。
細かいことを申し上げるようで申し訳ないのですが、どうかみなさんが楽しめるおひろめ会をこれからもよい形で継続していくためにも、ご理解・ご協力の程よろしくお願い申し上げます。