\てまひまかけて造ってます/

住むほどに愛着のある家ってどんな家だと思いますか?
大手の住宅メーカーも小さな会社も、ほとんどの会社がシートを貼った既製品の扉を使用してます.
メリットは、フィリピンや中国の工場で大量生産されているので、製品は安価で工期短縮。木目調のシートですから、節等もなく、どれも均一な仕上がりです。最初はやはりきれいです。ところが、時間とともに、経年劣化で、シートがはがれたりします。こうなると、なんだかがっかりです。
既製品の建具
アンティーク家具、古民家や町屋といった古くなっても愛されるのは、本物だからです。凹んだ傷にもひとつひとつとっても、味です。
そして、木も種類によって、いろんな経年変化を楽しめます。悲しいことに、シートで覆われた偽物には残念ながら、こうはいきません。大手では絶対に出来ないし、こんな非効率的なことはしないでしょう。
kurumekinoie.pngkurumedetateru.pngkurumedekurasu.png

tesuri.png
kosikake.png

私のところでは、専門のスタッフが一枚一枚、木目を選別しながら、ひとつひとつ作っています。壁の造作と言ったアクセントも他社にはない得意分野です。
木以外にも塗り壁等が好きな方にも喜んでもらってます。

 木材は、木目一つでもいろんな表情があります。節がないキレイな木材もあれば、節があるのもあります。私たちの顔も十人十色。いろんな人がいるようにクロの多い人少ない人、シミの多い人少ない人、木材は選別していますが、節があったり、割れたり、反ったりします。そういうものも含めて『木のえくぼ』と思ってくれるとうれしいです。

ちょっとした手洗い鉢等もこだわっています。有田焼の窯元で直接選んでます。
aritatearaibati.pngbeisugitearaibati.pngtearaibati.png


知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!