冬の暖かい日射を取り入れ、夏の直射日光を遮る!

軒のない家最近は、国が推進する住宅の省エネ化も手伝って日本の住宅は『高気密・高断熱』 『エアコン1台で、家全体涼しい』という会社も増えてきました。 もしそんな風に謳っている工務店さんで、いくら性能の良い窓を使っても、何とかBOXとかCUBEなどついた庇や軒(のき)のない家でしたら、いくら性能のいいサッシを使っても、無駄に高い電気代と、エアコン1台ではすまず、暑くて、後々後悔しますよ。


mukasinoie.png

昔の日本の家は、軒が深く南面に大きな窓がたくさんありました。冬の暖かい日差しを取り入れ、夏の直射日光を遮る!これこそが太陽の動きに沿った昔ながらの知恵です。南は大きく窓を取り、窓の大きさに対して、軒を深くとる。(窓の高さが2mなら、最低60cmの軒の出が必要)年間のトータルの冷暖房費が最も安くなり、夏涼しく冬暖かく出来ます。軒のない家で、サンシェードなどをつけると、多少は冷暖房費は安くなりますが、サンシェードは建築的に造った軒に比べて、長持ちしません。数年後に結果として冷暖房費以上のやり替えが発生します。また、軒のない家は、外壁に雨漏りのリスクが格段に上がります。


久留米市の南中高度

当社では、軒のない家は一切造っていません。軒が深い家が好きなので、軒が出ている家を造っています。

現代の性能と技術、昔ながらの知恵と匠の技を取り入れた住まいが、永く安心して暮らせる快適な住まいだと考えています。

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!