ギガ換気

necchuushou.png年々、暑さが厳しくなってきています。『熱中症は外で起こっているんじゃない!家の中で起こっているんだ!』何かのドラマのようなセリフですが、悲しいことに運動中の人よりも、圧倒的に家の中で熱中症になる方が多いのが現状です。

真夏、直射日光で暖められた車の中は、アタッシュボードの上で75度近く、中は60度近くなっています。
実は家も同様に屋根瓦は70度、鉄板の屋根だと90度近くなります。
その熱が伝わり屋根裏は、60度。今時の家は、雨の侵入を考慮したいろんな形で換気部材がついています。

tashakoyaurakannki.png
車だと、窓を全開にして、クーラーをつけると数分で涼しくなりますが、一般的に付けられている程度の換気部材では、屋根裏を劇的に涼しく出来るほど効果はありません。圧倒的に換気量が少ないからです。

通常の基準の3倍程度、換気させると屋根裏は5度涼しくなります。
私たちの造っている家は、屋根の形状によって変わってきますが、基準の5倍から10倍の換気を行っています。
gigakannki.png

夏にお年寄りが家の中で熱中症!こんな家を私は決して造らない。 

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!