2022年3月26日

車椅子で暮らすバリアフリーの平屋■大刀洗町

kurumaisu-apuro-ti.png◎心建築工房で建てて頂いた一番の理由は何ですか。

木の感じがとても良かったので。
バリアフリーの家をぜひ建てたい!と感じられたので

kurumaisu-hiraya.png◎家づくりで一番こだわった部分はどこですか。ここだけは譲れないというポイントはありましたか。

息子が車いすなので、トイレやお風呂などのスペースはしっかりとっておこうと思いました。
息子本人が車いすでも動きやすくて、介助者が少しでも楽に生活できることを一番に考えました。

kurumaisu-genkan.png◎家づくりの過程で(依頼先選びやプラン・工事中など)困ったこと、悩んだこと、大変だったことはありましたか。

予算について・・・本当に家を建てることが出来るのか・・・・。と思いながら、色々なメーカーや工務店を回っていました。ローンの事など、親身に考えてくださって、何とか自分の家を持てたことを感謝しています。

◎実際に住んでみての感想をお願いいたします。

とにかく涼しい。ジメジメの時期でもさわやかに過ごせている
夜、寝る前に、エアコンを切っても朝方までエアコンをつけなくても大丈夫です。
床が気持ちよく、パパは寝転がっています。(笑)

2022年3月24日

家が欲しいと思ったら・・・キッチン編

どんな暮らしをしたいか・・・でキッチンは大きく変わります。

例えば、
・最近はやりの自動調理鍋を使いたい
・お洒落なキッチン家電が好き
・朝は、コーヒーメーカーでコーヒーを飲む
・飲料水はウォーターサーバーを使ってる
・量販店での買い物が好き。専用の冷凍庫が欲しい
・梅干し置く場所や、梅酒・果実酒と置く場所が欲しい
・食材などの買い物は、休日にまとめ買いしたい
・ゴミ分別できる場所が欲しい
・たまには、夫婦で、家族で一緒にキッチンに立ちたい
・キッチンで料理しながら、子どもの様子を知りたい

という方には、今のお住まい、そしてこれから検討するかもしれない『住まい』は、マンションや建売住宅では、少しキッチンの広さや収納が物足りないです。
特に、共働きが当たり前のような時代になった今、キッチン、キッチン周りは、もう少し充実したほうが、キレイが続く、使いやすいキッチンになります。
もし、家づくりを考えると際は、ご家族の中で、一番キッチンに立つ人の要望を考慮すると、より暮らしやすくなります。
kittin.png

格子戸のある平屋■筑前町

◎心建築工房で建てて頂いた一番の理由は何ですか?

下村さんに全幅の信頼を寄せることが出来たからです。色んな工務店やハウスメーカーを回りましたが、希望の土地での間取り図をサラサラ~っと書いてくださったり、費用のことまで事細かく説明してくださったのは、下村さんだけでした。希望の土地が無くなり、家を建てたい欲が減っていた私たちに『こんな土地どうですか?』と定期的に連絡くださったのも下村さんだけでした。素敵な土地を紹介してくださり、自分達の希望を叶えた家を建てて頂けて、心さんにして本当に良かったと思っています。


◎家づくりで一番こだわった部分はどこですか。ここだけは譲れないというポイントはありましたか。

『格子戸』です。元々古民家への憧れがあり、古くからある日本住宅に魅力を感じていました。下村さんに相談すると『やってみましょう』と快く言ってくださったので、夫婦揃って喜んだのを覚えています。
実際に出来上がった格子戸は、これまで見たどの格子戸よりもカッコよくて素敵で、今枚に利生活の中で、見たり触れたりする度に幸せを感じています。メンテナンスを頑張って永く大切にしたいです。


◎実際に住んでみての感想をお願いいたします。

夫はイメージした通りの家になっていて、大変満足しているそうです。帰ってくるたびに『いい家や・・・。』とつぶやいているので、新築時のテンションを永く保てるように私も掃除やお手入れを頑張りたいです。
実際に住んでみて、まだ2週間ほどですが、生活がとてもしやすくなり毎日感激しています。ここにぜひ書かねば!と思ったことは、保証書等を全て見やすくファイリングしてくださっているおかげで、転居後スムーズに生活できてるのだと思います。自分でファイリングしなければ・・・と思っていたので、こういった細やかな心配り一つ一つにしても、心さんで建てて本当に良かったと思っています。これからもお世話になることが沢山あると思いますが、よろしくお願いいたします。

2022年3月20日

おひろめ会のお約束

当社で建てて頂いたお客様の住まいを、お引渡し前の週末に特別ご協力いただいて、家づくりを考えてある皆様にご覧いただいております。

当社では、広く豪華な住宅展示場・モデルハウスは持ちません。住宅展示場のモデルハウスはどれもすっごく素敵で煌びやかです!
「自分もこんなに素敵なマイホームが建てたい!」と思ってしまいます。でも住宅展示場の家は標準装備でない場合がほとんど。早い話がオプションだらけで彩られているのが住宅展示場のモデルハウスです。なので、モデルハウスの外観・内観に惚れ込んだとしても、モデルハウスそのまんまの家を建てようと思えば、当然それだけのオプション料金が加算されます。限られた予算の中で、展示されている家と同じものを...というのは予算的に難しくなります。住宅展示場のモデルハウスを見ると、ときめいてしまうのですが、キッチンだけで1000万超えるものを使用していたり、現実的ではない場合がほとんどです。

そんなオプションだらけの豪華絢爛な住宅メーカーの住宅展示場は、早い会社で3~5年、一般的に5年~10年程度で、建て替えを行います。住宅メーカーでSDGsを謳う会社はたくさんありますが、本当にSDGsを謳うなら、住宅展示場やモデルハウスは、低炭素社会にとって不要だと考えてます。また、住宅展示場は年間に2000万円の費用がかかります。その費用は、建てる方の建築費に上乗せされます。

当社のおひろめ会には、『家』を考えている方に、実際にご家族が住む等身大の住まいをご覧いただく絶好の機会です。
このおひろめ会では、来場する方にお約束があります。

おひろめ会でご覧いただく方には、靴下・手袋の着用をお願いしています。
手袋出来ない、したくないお子様には、親御さんがしっかり抱いていただくようにお願いします。
時には、はしゃいで走るようなお子様がいらっしゃっるときは、厳しいようですが、注意させていただきます。

当社からの皆様へのお約束としては

しつこい営業はしません。

もちろん、実際にご覧いただいて、気に入ってお声がけいただけると、精一杯お力になります。

MADE IN ARITA

有田焼の手洗い鉢出逢いは偶然だったのか、必然だったのか・・。当社スタッフがサイクリングの際、偶然、有田陶器市で見つけた手洗い鉢。瞬時にして、心を奪われ、恋焦がれました。『この手洗い鉢は、ぜひ、当社の家に使いたい。世紀のベストマッチに違いない!』

お店は有田陶器市がある街中に『花泉窯』。また、武雄にある道の駅山内にも、お茶碗や湯呑など販売しています。 
花泉窯を営むのは、山田さんご夫婦。当社で使用している手洗い鉢は、ご夫婦で製作しています。主なものは、花を活ける器です。有田で唯一、花器をあつかっています。茶碗や、コーヒーカップ、また、香炉などもいい感じです。

山田さんご主人がろくろをまわし、奥様が色付けをしています。焼き物に対して真摯に向き合っています。新しい釉薬を試したり、非常に研究熱心です。釉薬のつき方・焼き加減ひとつで、焼き物の表情が変わるので、同じ色・同じ模様の手洗い鉢でも、よくよく見ると、ひとつひとつ違います。
 
山田さんご主人は、大胆かつ気さくな方で、一年に数回お会いするのですが、どんな手洗い鉢が出来ているだろうと、毎回楽しみです。MADE IN ARITAの世界でひとつだけの、完全ハンドメイドの手洗い鉢です。海外で大量に工場生産された画一された物とは、全く違います。優しい手洗い鉢は木をふんだんに使った当社の家に合います。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント