2022年3月31日

暮らしやすさを極めたら平屋でした!

暮らしやすさを極めたら平屋でした
当社で建築する方の約8割が平屋です。
見学会をすると『平屋って高いでしょう?』と聞かれます。『他社で、平屋は高いからやめておいたほうがいい。と言われて』とも聞きます。


当社で家を建てる、夫婦とお子さん二人の4人家族の住まいは、30坪(約タタミ60枚分)くらいが一般的です。単純に同じ30坪の平屋と二階建で比較した場合、60万くらい高いです。(当社比) 二階建てにすると階段・廊下・二階のトイレが増えます。大体4~5坪です。同じ広さのリビングや個室・収納に階段など含めると34坪くらいになります。


すると、建物の総額で見た場合は、34坪の2階建ての方が約180万ほど高くなります。 長い目でみると、平屋ほど使い勝手がよく、コストパフォーマンスが良い家はないです。


一番家事しやすい間取りと空間づくりが出来るのが、平屋の最大の魅力です。また、家族との距離が近いので、お子さんが思春期になった際もコミュニケーションが取りやすいです。
そして、年齢を重ねた際も、上下の動きがないので、もし介護が必要になっても、大がかりなリフォームは必要ありません。構造的には、地震や台風といった災害に強いです。二階がないので、天井が高く、空間が広く出来ます。それに、外壁リフォームや増改築しやすいのも特徴です。


それでも、平屋を諦めた方がいい場合もあります。まず、平屋を建てるだけの敷地に広さがない場合。街中にいくほど、土地の値段は驚きの価格になります。すぐ南の建物が高くて日当たりがどうしても確保出来ない場合。
平屋にあまり興味がない方に、平屋をおススメしたい。場合もあります。80坪近くの土地で、外構工事(庭や駐車場)等をさほどする予定がなくて、夏場の草むしりなど苦手な方。
もし、『平屋ってどうかなぁ』と思っているなら、絶対、平屋をおススメします。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント