2022年4月 9日

暮らし継がれる住まい、ずっと支え守り続け隊

afuta-1.png『アフターメンテナンスの事を考えたら、やっぱり大手よね』というようなことを聞きます。それを言われると太刀打ちできません。うちなんかは吹けば飛ぶような会社ですから。
家が完成して、お引渡しをするのは、手塩にかけた娘を嫁に出すような感無量に近いです。
度重なる打ち合わせと、スタッフ、多くの職人が携わり毎回のように、『この家以上に最高傑作はない!』という意気込みで造ってます。
毎回ですが、完成した家を『嫁に出す娘』のような気持ちで、お引渡しをするので、当社で建てて頂いた方は、少し大げさかもしれませんが、もはや親戚。家族同然です。

afuta-2.png住まいには、何百本という木材を使っています。一年くらいは、木材が馴染むまで、ゆっくり動きます。その間、乾燥収縮によって、木材が反ったり、扉が開きにくかったり閉まりにくくなったりします。
クロスなども、出来て1~2年経つと、部屋の角などが、多少ヨレルところがあるので、木材の動きが止まった後に、クロスの補修に入ります。もちろん、住んでからの『棚板を追加したい』なんてのも、迅速に対応します
住宅の設備に使われるキッチン・システムバス・洗面台・トイレやエコキュートなど、使い勝手により様々ですが、5年から10年くらいたつとどこかしら不調を訴えます。
また、年々ひどくなる大雨、台風・いつ来るかわからない地震なども油断はできません。
家は出来るまでに、水周りや収納などこだわる方が多いと思いますが、建てた後からの方が肝心です。無償部分、有償部分等ありますが、何年経とうと家がある限りアフターに臨みます。
当社では、アフターメンテナンスを踏まえ、家づくりを行う施工範囲を筑前町から1時間以内のところと絞っています。

afuta-3.png開業して、この小さな会社に家づくりを託していただいた

皆様に20年後も30年後も『あそこで建ててヨカッタ。』と思えるようなアフターメンテナンスを目指します。

そんな気持ちでお仕事させて頂いております。
当社で建てて頂いた方とのおつきあいは、ずっと大切に考えています。

一、二年に一回、日ごろの感謝を込めて、感謝祭を開催しています。
木工教室や陶芸教室・地引網やキャンプなどです。建てた頃は小さい赤ちゃんだった子も、大きくなり成長が喜びに感じます。

2022年4月 8日

会社案内

社名 心建築工房株式会社
連絡先 郵便番号:838-0214
住所:福岡県朝倉郡筑前町東小田1055-1
電話:0946-42-8021(代表)
FAX:0946-42-8031
創業 平成17年4月1日
代表取締役 下村 達夫
業務内容 1.一般建設業
2.不動産取引業
登録・許可 建設業許可番号:福岡県知事許可 (般-3) 第106390号
一級建築士事務所登録:福岡県知事登録(3)第60390号
宅地建物取引業者免許番号:福岡県知事 (1) 第18789号
第三者保証 住宅保証機構 まもりすまい
営業時間 9:00~19:00

2022年4月 6日

福岡・佐賀で北海道基準の家で暮らす

寒い家は危ない私たちは、温暖地である九州。福岡・佐賀で北海道基準の家を造っています。
人は高齢になるほと、寒い冬に体の影響を受けやすく、冬季における死因の6割が心疾患や脳血管疾患などの循環器疾患です。

ならば冬季の死亡率は
寒冷地>温暖地
のようですが、実際は
温暖地>寒冷地
比較的温暖な地域ほど冬季死亡増加率が高く、どの疾患でも一見、寒さと死亡率は無関係?

いいえ、寒さの厳しい北海道の住宅では、家の断熱性能を最重要視しており、多くの住宅が高い断熱性能を有しています。

これは、寒冷地では、断熱性能の高い住宅が普及しているのに対し、温暖地では不十分だからです。温暖地は、その気候柄、断熱に力を入れることは少なかったため、家の中が冷え込み、住居内での温度が激しくなります。

また同じように全国の冷え性女性のエリア別割合。
1位『近畿地方』2位『九州』冷え性を自覚する女性がも最も少ないのは『北海道・東北地方』
冷え性が多く、寒冷地とされる北海道・東北地方に冷え性が少ないという結果。

『冷えは万病のもと』といいます。体温が下がると腰痛、肩こり、慢性関節リウマチ、喘息など様々な疾患が引き起こされる・・・。『冷え』を引き起こすような『寒い家』は、健康を妨げる可能性が高いと云えます。ここ九州は温暖地とはいえ、12月~3月いっぱい、暖房を使わないことはなく、

福岡・佐賀でも冬の寒さは危険

なのです。

『寒い家』にはヒートショックの心配があります。『ヒートショック』は、温かいリビングから、冷え切ったトイレや洗面・浴室などに移動することによって、引き起こされる温度差が血管の収縮を招きます。血圧の急上昇、急降下という変動を繰り返せば、身体に負担をかけ、心筋梗塞などの深刻な事故につながりやすくなります。

寒いとどうしても動くのが億劫になるのは、入浴したり、トイレに行くだけで、運が悪ければ、死との隣り合わせというのも、身体が本能的にわかっているのでしょう。
ketuaturisuku.png
寒暖差は運動不足による認知症

また『18度未満の寒い家』は脳を壊し、寿命を縮めます。『冬場に1度温かい家に住むとの、脳神経が2歳若くなる』という研究結果が発表されました。
『寒い家』は室温の変化が激しく、血管の拡張と収縮が繰り返されることで動脈硬化が進行しやすく、脳が早く劣化してしまいます。

自立生活が可能な年齢の半減期は76歳と言われていますが、住まいの温度を2度温かくすれば、自立できる生活を4年間伸ばして、80歳まで健康寿命を保つことが出来ます。
暑さ・寒さによる住まいの健康リスクをなくすには、断熱性能を高めること。均一にするのは、まず『部屋間の温度差』ヒートショックをはじめ、脳出血や脳梗塞・心筋梗塞といった症状は、部屋移動の温度変化が要因の一つと考えられています。

また、

『上下の温度差』

にも注意が必要です。足元が寒いだけでも、高血圧になりやすいです。

足元付近のみ寒い家も、室内全体が寒い家も、どちらも暖かい家と比較して1.6倍も高血圧になりやすい

です。

家全体が暖かいと活動量も増えます。

歩行距離が伸びると、認知症などの病気の予防にもなります


断熱性能をアップすることは、住まいの温度差も小さくなります。

ヒートショックの危険を減らすだけでなく、もっと幅広い面から健康を支えているのです!
家族といつか高齢になる自分自身のために、家の断熱性能を高め、室内の暖かさを保つことが、健康で快適な暮らしのためには、とても大切です。

2022年4月 5日

自宅で使うエネルギーは、自宅で創る

taiyoukou.png家づくりを考えた際、

『太陽光ってどうかしら?お得なの?』

とたずねられます。

お得かどうかという目安なら、損はしないです。
本当におすすめしたいのは、次のような方

●光熱費を削減したい
●停電の時でも、電気を使いたい

間取りの違いや太陽光をつける方向等によって、違いはありますが、当社の標準の使用に太陽光パネル4.5~5.5kwつけるとZEH(ゼッチ)になります。
国は2030年の新築住宅には100%、太陽光パネルを義務付ける方針にしています。

『太陽光をつけないと、家が建てれない』

時代がすぐそこに来ています。

私たちが支払っている電気代は、基本使用料のほかに、2012年より始まった

『再エネ課金』を支払っています。

一般的な4人家族で、2012年でひと月あたり92円でしたが、2020年では、毎月1252円の支出です。

1年で約15,000円の固定費の増加です。

国の電力中央研究所によると、今後も再エネ課金は値上がりします。


2032年には、一年あたり23,788円支払うことになります。原油価格の高騰で、電気代も上がっている中、家計の支出を減らす方法として、

①冷暖房費が少なくて済む、断熱性能の良い家に住む
②太陽光パネルをつけて、自家消費をする
③昼間に使わなかった余剰分を売らずに、蓄電池に充電して夜に使用する


などではないでしょうか。

しかし、①の断熱性能の良い家に住んでも、必ず冷暖房は使いますし、換気・調理設備・給湯・照明などに電気代を使います。
支出は減らすことは出来ても、太陽光のようにエネルギーを生み出すことは出来ません。

 エネルギーの問題は、誰もが避けて通ることはできなくて、ガソリンや電気代もこの先さらに上昇していくと予想されます。
電気自動車が2030年にはスタンダードな時代が近い未来にあると考えると、『自分たちが使うエネルギーを自分たちで創る』というのは、素晴らしい観点と、来るべき電化時代への備えという事も含めて、一歩先の未来を提案します。

2022年4月 4日

あなたの住まいをつくる『COCOROの暮らし』差し上げます

注文の多い注文住宅

ホームページをご覧になって、当社に興味を持っていただいた方に、魅力と愛情をたっぷり詰め込んだ手作り小冊子『COCOROの暮らし』無料でお届けします。

『住まい』『暮らし』に求めることは、人それぞれ違います。今までにお引渡ししてきた家や、私たちの家づくりの考え方などをギュ~っと濃密に作りました。

あなたとあなたのご家族がどんな暮らしをしたいのか、参考になるかと思います。家づくりを考える中で、当社で建てなくても、他社で建てるにしても、ここだけは抑えて欲しいことなども盛りだくさんです

もちろん、家づくりはまだ先だけど、少しずつ情報集めをしたい方、また、他社で検討していて、ピンとこない方も、良かったらお申込みください。

ちょっとだけ読む


『COCOROの暮らし』と弊社へのお問い合せは下記のフォームに入力をお願いします。
※資料は施工エリア内のお客様に限らせていただきますので、何卒ご了承お願いします また、同業者の方もご遠慮願います。

お名前(必須)
お電話番号(必須)
郵便番号 "-"は含めず半角数字のみでご記入ください。
都道府県(必須)
ご住所(必須)
メールアドレス
小冊子請求
ご要望事項

2022年4月 3日

家づくり、土地のこと、お気軽にご相談ください!

弊社へのお問合せ・ご相談・資料請求は下記のフォームに入力をお願いします。
個別相談をご希望の方は「相談会に申し込む」にチェックをお願いします。

お名前(必須)
お電話番号(必須)
郵便番号 "-"は含めず半角数字のみでご記入ください。
都道府県(必須)
ご住所(必須)
メールアドレス
個別相談会
ご要望事項

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント