冬の暖かい日射を取り入れ、夏の直射日光を遮る!

軒のない家最近は、国が推進する住宅の省エネ化も手伝って日本の住宅は『高気密・高断熱』 『エアコン1台で、家全体涼しい』という会社も増えてきました。 もしそんな風に謳っている工務店さんで、いくら性能の良い窓を使っても、何とかBOXとかCUBEなどついた庇や軒(のき)のない家でしたら、いくら性能のいいサッシを使っても、無駄に高い電気代と、エアコン1台ではすまず、暑くて、後々後悔しますよ。


mukasinoie.png

昔の日本の家は、軒が深く南面に大きな窓がたくさんありました。冬の暖かい日差しを取り入れ、夏の直射日光を遮る!これこそが太陽の動きに沿った昔ながらの知恵です。南は大きく窓を取り、窓の大きさに対して、軒を深くとる。(窓の高さが2mなら、最低60cmの軒の出が必要)年間のトータルの冷暖房費が最も安くなり、夏涼しく冬暖かく出来ます。軒のない家で、サンシェードなどをつけると、多少は冷暖房費は安くなりますが、サンシェードは建築的に造った軒に比べて、長持ちしません。数年後に結果として冷暖房費以上のやり替えが発生します。また、軒のない家は、外壁に雨漏りのリスクが格段に上がります。


久留米市の南中高度

当社では、軒のない家は一切造っていません。軒が深い家が好きなので、軒が出ている家を造っています。

現代の性能と技術、昔ながらの知恵と匠の技を取り入れた住まいが、永く安心して暮らせる快適な住まいだと考えています。

ギガ換気

necchuushou.png年々、暑さが厳しくなってきています。『熱中症は外で起こっているんじゃない!家の中で起こっているんだ!』何かのドラマのようなセリフですが、悲しいことに運動中の人よりも、圧倒的に家の中で熱中症になる方が多いのが現状です。

真夏、直射日光で暖められた車の中は、アタッシュボードの上で75度近く、中は60度近くなっています。
実は家も同様に屋根瓦は70度、鉄板の屋根だと90度近くなります。
その熱が伝わり屋根裏は、60度。今時の家は、雨の侵入を考慮したいろんな形で換気部材がついています。

tashakoyaurakannki.png
車だと、窓を全開にして、クーラーをつけると数分で涼しくなりますが、一般的に付けられている程度の換気部材では、屋根裏を劇的に涼しく出来るほど効果はありません。圧倒的に換気量が少ないからです。

通常の基準の3倍程度、換気させると屋根裏は5度涼しくなります。
私たちの造っている家は、屋根の形状によって変わってきますが、基準の5倍から10倍の換気を行っています。
gigakannki.png
koyaura-giga.png


夏にお年寄りが家の中で熱中症!こんな家を私は決して造らない。 

窓のチカラ

jyusisassi.pngmado.png
jyusi_dannnetuseinou.png
窓から入ってくる熱量は大きく、単板ガラスだと、約7割の熱が家の中に入ってきます。
窓には、陽射しや通風の他に、断熱・遮熱を求めています。

枠をアルミでなく、樹脂を使う!
冬場、朝起きると窓に結露していませんか?30年以上前の、断熱のない無断熱住宅なら、気密等もないので、家の中の室温は外気温に近いので冬場の結露もないでしょう。
これが20年位前の住宅なら、結露に悩まされているお宅も多いのではないでしょうか。
朝、起きると窓に結露水がビッシリ。
毎朝、窓を拭くことから始まります。
そんなお宅は要注意です。
結露は窓から起こるわけではなく、窓枠から始まります。結露水から、カビが発生し、ダニが発生し、負のスパイラル!keturokabi.png
しかし、本当に怖いのは目に見えないところ、拭きたくても拭けないところで、事件は起こっています。
アルミ枠についたその結露は目に見えるところだけでなく、中の断熱材・間柱や柱・窓台・土台といった構造体をゆっくりと腐らせていきます。樹脂枠はアルミの1000の1の熱の伝え方なので、ここ、福岡・佐賀であれば、枠の結露はほぼないです。

そして、枠だけでなくガラス面も重要です。
暖房は最大限つけてても、室温は暖かいのに足元はひんやりしている。隙間風だけのせいでしょうか?それは室内の暖かい空気が冷たいガラス面に冷やされるからです。いつまでも部屋は暖まらず、暖房の無駄使いになりますよね。
cold.png
当社では、熱を反射するLOW-Eガラスを採用してます。またガラスとガラスの間に乾燥空気よりも熱を伝えにくいアルゴンガスを入れています。普通のペアガラスに比べて、2.5倍の断熱性能があります。夏は強烈な日射を遮り、冷房の効果を最大限に高め、冬場の室内の室内の熱も逃がしません。