自宅で使うエネルギーは、自宅で創る

taiyoukou.png家づくりを考えた際、

『太陽光ってどうかしら?お得なの?』

とたずねられます。

お得かどうかという目安なら、損はしないです。
本当におすすめしたいのは、次のような方

●光熱費を削減したい
●停電の時でも、電気を使いたい

間取りの違いや太陽光をつける方向等によって、違いはありますが、当社の標準の使用に太陽光パネル4.5~5.5kwつけるとZEH(ゼッチ)になります。
国は2030年の新築住宅には100%、太陽光パネルを義務付ける方針にしています。

『太陽光をつけないと、家が建てれない』

時代がすぐそこに来ています。

私たちが支払っている電気代は、基本使用料のほかに、2012年より始まった

『再エネ課金』を支払っています。

一般的な4人家族で、2012年でひと月あたり92円でしたが、2020年では、毎月1252円の支出です。

1年で約15,000円の固定費の増加です。

国の電力中央研究所によると、今後も再エネ課金は値上がりします。


2032年には、一年あたり23,788円支払うことになります。原油価格の高騰で、電気代も上がっている中、家計の支出を減らす方法として、

①冷暖房費が少なくて済む、断熱性能の良い家に住む
②太陽光パネルをつけて、自家消費をする
③昼間に使わなかった余剰分を売らずに、蓄電池に充電して夜に使用する


などではないでしょうか。

しかし、①の断熱性能の良い家に住んでも、必ず冷暖房は使いますし、換気・調理設備・給湯・照明などに電気代を使います。
支出は減らすことは出来ても、太陽光のようにエネルギーを生み出すことは出来ません。

 エネルギーの問題は、誰もが避けて通ることはできなくて、ガソリンや電気代もこの先さらに上昇していくと予想されます。
電気自動車が2030年にはスタンダードな時代が近い未来にあると考えると、『自分たちが使うエネルギーを自分たちで創る』というのは、素晴らしい観点と、来るべき電化時代への備えという事も含めて、一歩先の未来を提案します。

知って得する魔法の「小冊子」限定プレゼント無料

  • 小冊子
  • イベント