IH・ガスコンロのそれぞれのメリット

IHコンロのメリットは、ガスの基本料金・使用料がかからないところ、
そして、自動消火すること。
そして、お手入れがラクなこと。
また、周りに周囲に油等を飛ばさないのもいいところです。
得意な料理は、煮ること。お湯を沸かしたり、味噌汁や煮物系は、ガスに引けをとりません。
不得意なところは、災害時の停電。
そして、使う鍋やフライパンといった料理器具を選ぶこと。油で揚げたりする際、ガラストップが薄く汚れやすい事。
壊れにくいところは、壊れにくいのですが、電子制御なので、運が悪く2~3年で壊れるところもあります。
IHの中に、ゴキブリが入っていたりとかで、使えなくなります。

ガスコンロのメリットは、停電の際も使えること。
最近のガスは、震度4以上で自動消火したり、時間設定しなかった30分で自動消火したり、賢いです。
デメリットは、パネルの油を飛ばすこと。基本料金がかかる事。
そして、五徳の掃除が面倒な事・・・でしょうか。
鍋やフライパンを選ばないのは嬉しい限りです。キャンプ用に購入したスキレットや土鍋・ホットサンドメーカーなど、使いまわしが出来ます。
得意な料理は、焼くこと。焼き魚や目玉焼き、チャーハンやウインナーの食材の水分を飛ばして、パリッ、カリッの美味しさは、ガスならではです。
半熟のオムレツやフライパンをゆすったりする方には、ガスはおススメです。
料理人や料理研究家は、IHはガスを愛用する方が大半です。火力は、IH<都市ガス<プロパンガスの順で強いのですが、プロの料理人でこだわっているところは、都市ガスが入っているところでも、プロパンガスを入れて調理するお店もあります。
ガス炊飯器を購入する方も、いらっしゃいます。ガス炊飯器のお米は、電気と違って、一気に過熱するので、美味しさが違います。最近のガスコンロには、土鍋でお米が自動炊飯機能もあるので、ガス派は嬉しいです。

面倒な、五徳の掃除ですが、毎日、使用後に食器洗乾燥機に入れています。


部屋干ししない生活

 室内干しをしている部屋としてない部屋では、洗濯物を干している部屋のダニは2倍以上多いです。
 梅雨の時や雨の日に、洗濯物をどこで、どうやって、乾かしていますか。

一番してはいけないのは、カーテンレールに洗濯物をかけること。
カーテンにもカビが生えます。クロスや窓枠にカビが生える可能性もあります。

干す場所を選ぶなら、浴室がベストです。浴室は濡れてもいいように、もともと作ってますから。洗濯物からの水蒸気から、ダニが増えることもありません。
そして、除湿機を置いて、浴室の換気扇をまわすと、より早く乾きます。

洗濯物が多く、また、どうしても部屋干しをする場合に、乾燥にかかる電気代を考えるなら除湿機、時間を考えるならエアコンになります。
エアコンは扇風機(サーキュレーター)と併用すると、洗濯物の間に湿気を滞留させないので、さらに乾燥にかかる時間を短縮でき、電気代を抑えられます。
 思いの他、高いのは、浴室乾燥機。夏場だと、100円前後、冬場だと170円近くかかります。

 浴室乾燥機は、大きな室内で、ずっとドライヤーをかける感じなので、乾燥にはコストがかかります。 また、扇風機だけだと、洗濯物に風を宛てて、洗濯物は乾きますが、湿気を室内にまくので、湿度が上昇し、カビが生えやすい環境になり、よくありません。洗濯機の衣類乾燥ですが、ヒートポンプ式、低温風パワフル乾燥式も高温になりすぎないので衣類の傷みが少ないです。
 しかし、電気式はどうしても高く、熱が上がらず、ダニを死滅させることは出来ません。
(ダニを死滅させるには、60度以上の高温が必要)また、洗濯・脱水・乾燥の3つの機能があるので、機械が複雑になるため、どうしても壊れやすくなります。
 ちなみに、一番いいのはガス乾燥機です。
メリットは短時間で、高温(110度や130度)で乾かすので、ダニを確実に死滅させます。

 ガス乾燥機を使うと衣類についているダニは確実に死滅します。そして、部屋の中のホコリも劇的に減ります。ホコリの成分は、半分以上が繊維くずです。
乾燥機を使うと、我が家の夏の一回の洗濯から1g左写真くらい繊維くずのホコリが発生します。乾燥機で繊維くずを取るので、家の中の繊維くずが少なくなります。
 その結果、家の中のダニも減ります。

 ガス乾燥機を使うと、洗濯物がふんわりします。シワ等出来ないので、Yシャツ等のアイロンも一切不要です。デメリットは、Tシャツやカット―ソーなどの衣類が縮みます。

私が家を建てる際、いろんなわがままを言いました。そして、今思うのは、家を建てて、一番良かったのは、ガス乾燥機です。共働きの方、干す手間、取り込む手間がなくなるので、一日の30分近くの時短になります。喘息等のアレルギーのある方、ホコリが劇的に減るので、アレルギー症状の緩和になるのではないでしょうか。